ログイン
ログイン

THEO+[テオプラス] docomo

お金の生存戦略って?

THEO+ docomoって?

THEO+ docomoは1万円からスマホでできるおまかせ資産運用。
攻めすぎず、守りすぎない「リスクを抑えたバランス型の資産運用」を誰でも手軽に。

※THEO+ docomoは、投資元本を保証するものではありません。

おまかせで資産運用

知識・経験・手間不要!
入金をするだけで、あとの難しいことはTHEO+ docomoに全部おまかせ。
徹底的な分散投資で、リスクを抑えた資産運用を誰にでも。

dポイントがもらえる

ドコモ回線ならポイントが1.5倍!
お預かり資産額に合わせてdポイントが毎月もらえます。

※ドコモ回線をご利用で、毎月末のお預かり資産額が100万円だったと仮定した場合。

※お預かり資産1万円につき、毎月1.5ポイントを積算。

※THEO+ docomoは運用状況により、預かり資産額が変動します。dポイントは変動した預かり資産額に応じて付与されます。

おつり積み立てもできる

毎日コツコツ積み立て投資!
dカードでお買い物をすると、設定金額に応じて端数を「おつり」として自動でTHEO+ docomoに積み立てできます。

※「おつり」分の積立金額については、dカードからの請求ではなく、お客様が積立設定した金融機関の口座からの引落しとなります。

さらに、ドコモ口座をお持ちの方は
簡単・便利に!
ドコモ口座と連携し、
お金の管理が簡単・便利に!
ドコモ口座からのワンクリックでの入金や、THEO+ docomoで運用中のお金の一部をドコモ口座に出金することができます。
※「後払い」機能によるTHEO+docomoへの入金はできません。
また、ドコモ口座を毎月の積立口座として設定することはできません。
CLOSE
定期預金と比べてみると?
例えば最初に50万円を預けて毎月3万円積み立てると仮定して、現金のまま定期預金に預けた場合と、THEO+ docomoで運用した場合で、どのような資産運用シミュレーションとなるかご覧ください。

※THEO+ docomoは元本保証の商品ではありません。

※2018年7月を現在とします。
※このシミュレーションは、過去のTHEOのパフォーマンスをベースに、未来のTHEOのパフォーマンスをシミュレーションしたものです。
このシミュレーションは、将来の運用成績を示唆・保証するものではありません。前提条件はこちらをご参照ください。
あなたの資産がどう変わるか
診断してみよう!

口座開設はスマートフォンですべて完結。

あなたの年齢や金融資産額などに基づき、THEOがあなたに適したプランをご提案(カスタマイズも可能です)。

最短2営業日で口座開設が完了。入金後まもなく、資産運用がはじまります。

マイナンバーのお届出は下記のいずれかの書類で可能です。

※平成28年1月1日より、所得税法などにより証券会社へのマイナンバーの提供が義務付けられています。

口座開設はスマートフォンですべて完結。

マイナンバーのお届出は下記のいずれかの書類で可能です。

※平成28年1月1日より、所得税法などにより証券会社へのマイナンバーの提供が義務付けられています。

あなたの年齢や金融資産額などに基づき、THEOがあなたに適したプランをご提案(カスタマイズも可能です)。

最短2営業日で口座開設が完了。入金後まもなく、資産運用がはじまります。

THEO開始時からのパフォーマンス
例えば、THEO開始時から貯金ではなく、
THEO+ docomoで運用していた場合を計算すると、
差額は45万円という結果に。
  • ※この数値は将来の運用成果・市場環境を示唆・保証するものではありません。
  • ※前提条件は、こちらをご参照ください。
THEO+ docomoのユーザーボイス
THEO+ docomoの利用を検討したのは、どのようなことがきっかけでしたか?
  • ※ロボアドバイザーとは、独自開発のアルゴリズムで、一人ひとりにあった資産運用方針の提案、運用を行なうサービスです。
  • 調査主体:株式会社NTTドコモ 
    調査実施機関:株式会社インテージ 
    調査実施時期:2018年10月15日~2018年10月17日 
    対象者条件:20歳以上のTHEO+ docomoご利用のお客様 
    サンプルサイズ:n=197
どんな人がつかっているのか?
  • 年代別
    (20代:7.8% 30代:32.2% 40代:40.4%)
  • 投資経験
    投資への、はじめの一歩に選ばれています。
  • スタート金額
  • 積立率
  • 平均積立金額

初心者でも簡単に始められます
  • 5つの質問に回答すると、228通りの運用プランから、あなたに適したプランを提案します。
  • 口座開設が完了したら、入金をするだけで運用がスタート。資産運用はTHEO+ docomoに全ておまかせできます。
  • 毎月自動で「リバランス」が行われるので、メンテナンスもTHEO+ docomoにおまかせ。
  • AIアシストが搭載されているので、大幅下落すると判断した場合に、ETFの組み入れ比率を調整することで下落リスクを軽減します。
よくあるご質問
  • 口座開設に必要な手続きを教えてください。

    口座開設は、ウェブ上でお申込みできます。口座開設を希望するサイト(THEO[テオ]、THEO+[テオプラス])にアクセスし、[無料でTHEOを体験]から進み、無料診断の後、メールアドレスを登録します。その後、案内にしたがい申込画面にお進みください。口座開設のお申込みは以下の6つのステップになります。

    1. 1. お客さま情報の入力
    2. 2. THEO口座 種別選択
    3. 3. 個人情報保護方針の確認
    4. 4. 入力内容の確認
    5. 5. 本人確認書類の登録
    6. 6. 契約書類等の確認・同意

    また、お申込みには以下の書類をご準備ください。

    • ・マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載住民票)
    • ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
    ※書類の種類によって、必要な書類数や組み合わせが異なります。詳しくは申込画面の案内をご覧ください。
  • マイナンバー確認書類と、
    本人確認書類の登録は必須ですか?

    法令で定められる各種支払調書の作成等のため、2016年1月1日より、新たに証券口座を開設する場合には、マイナンバーの登録が必須となりました。

    【参考】
    (日本証券業協会)投資家のみなさまへ マイナンバー提示のお願い 

    また、お申込みには以下の書類をご準備ください。

    また、マイナンバーのご登録については、なりすましを防止するため、法律により厳格な本人確認が義務付けられています。そのため、マイナンバーのみのご入力ではなく、マイナンバー確認書類と本人確認書類をあわせて、ご提示をお願いしています。

    • ※ただし、マイナンバーカード(個人番号カード)をご登録いただく場合は、マイナンバーカードが、マイナンバー確認書類と本人確認書類の両方を兼ねるため、他の本人確認書類をご登録いただく必要はございません。
    • ※詳細につきましては、国税庁の本人確認に関するFAQをご参照ください。
    ※書類の種類によって、必要な書類数や組み合わせが異なります。詳しくは申込画面の案内をご覧ください。
  • THEO+ docomoとTHEOでは
    運用内容に違いはありますか?

    THEO+ docomoとTHEOでは運用方法に違いはありません。しかし、THEO+ docomoでは運用額に応じてdポイントがもらえたり、お釣り積立ができるなど、様々な特典や独自機能がございます。

    <参考>THEOについて
    日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け投資一任運用サービスです。お客さまの年齢や金融資産額に基づき、THEO が世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し運用します。1万円からスマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率・税抜き)と低コストではじめられます。

  • 入金したら、
    何もしなくても運用は始まるの?

    入金いただいた後は、自動的に運用が開始されます。
    原則、弊社に着金した日の夜に米国市場にてETFの買付けをおこないます。
    ※入金方法によって、弊社への着金、入金確認のタイミングが異なります。

    なお、米国市場が休場の場合または月末営業日は、買付けがおこなわれず、翌営業日の買付けになります。そのため、運用開始日が予定と異なる場合がございますので、予めご了承ください。

    • ※月末営業日は、翌月月初にリバランスをおこなうため、買い付けは行いません。
    • ※米国市場の休場日につきましては、以下の記事をご参照ください。
    THEOの取引のない日
  • dポイントはいつ付与されるの?

    投資一任運用報酬の徴収から、2ヶ月以内にポイント進呈となります。
    進呈ポイント数は投資一任報酬の計算対象となる月末の預り資産額をもとに算出します。小数点以下のポイントは切り上げとなります。

    • ※預り資産額は運用状況により変動します。
    • ※月末時点で、ドコモ回線を解約されている場合は、預り資産1万円につき、1ポイントとなります。
    • ※預り資産額が3,000万円を超えた分については、預り資産1万円につき、0.75ポイント(ドコモ回線をご利用でない方は0.5ポイント)となります。
    • ※dポイントクラブを退会した場合、またはdポイントクラブ会員資格を喪失した場合はポイントは付与されません。